学校の授業で昔の子どもの仕事として、まき運びや水運びを体験した羽地小4年生。花屋さんになりたいという上原さんは「地域のお年寄りが昔の道具の名前や使い方を教えてくれた。実際に体験してみると大変だった」と笑顔。新田さんは「頭にまきを乗せて安定させるための道具をガンシナーと言っていた。