沖縄県警は29日、2019年に県内で取り扱った拾得物(忘れ物)が18万4699件で、過去10年間(10~19年)で最も多かったと発表した。10年の7万6510件と比べて約2・4倍に増えた。観光客の増加や大型商業施設の開業が要因としている。