【シドニー共同】オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州議会の委員会は30日、昨年9月から今年2月ごろにかけて続いた大規模な森林火災の影響などにより、政府が野生のコアラの生息地保全に取り組まなければ、2050年までに州内でコアラが絶滅するとの調査結果を発表した。

 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のコアラ(同州提供・共同)

 委員会の報告書は、生息地の損失が最大の脅威であるにもかかわらず、森林伐採や開拓が続いていると指摘。さらに森林火災で州内の生息地の24%が影響を受け、一部では81%が焼失したとしている。

 森林火災では5千匹が死んだと推測。州政府は生息数を3万6千匹と推計しているが、もっと少ないとの見解を示した。(共同通信)