福岡市博多区の櫛田神社で30日、7月15日に催される疫病退散の神事「祇園例大祭」を前に、新型コロナウイルス退治の願いを込めた飾り山笠に神様を招き入れる神事「御神入れ」があった。戦国武将の加藤清正や桃太郎が虎や鬼を退治する様子を表現し、感染終息への願いを重ね合わせた。7月1日から来年6月まで一般公開される。

 毎年7月に行われる同神社の奉納神事で、夏の風物詩「博多祇園山笠」は今年中止になったが、伝統をつなげようと神社や振興会などが飾り山笠の制作を決めた。

 飾りの題材は「清正公虎退治誉」と「桃太郎鬼退治誉」。地元の人や観光客らは足を止めて見入っていた。(共同通信)