沖縄タイムス+プラス ニュース

与那国町への恩返し 台湾から新型コロナ感染防止物資届く

2020年7月1日 08:16

 沖縄県与那国町の姉妹都市、台湾花蓮市(魏嘉賢市長)からこのほど、町に対し新型コロナウイルス感染防止策としてせっけんやフェースシールドが届いた。

台湾の花蓮市からの物資に感謝する外間守吉町長(右)と田原伊明教育長=与那国町役場

 台湾の著名人や花蓮市職員らが姉妹都市をウイルスから守ろうと贈ったもの。「良きパートナーを支援することで姉妹都市の公務員や医療関係者の保護をさらに高められることを願う」などのメッセージが添えられている。

 物資は町内の子どもたちの分として携帯可能な手洗いせっけん200個と、医療関係者が顔面を保護するフェースシールドで各学校医務室や介護施設、診療所などに計30個。せっけんの容器には原材料や使用方法などが日本語で明記してあり、手に持って下部のつまみを回すと使用分量が出る仕組み。ポケットに携帯できる。

 魏市長は「台湾東部地震被災当時は姉妹都市が募金活動を呼び掛け復興支援でお世話になった。高価な物ではないが今こそ恩返しするとき」と述べている。(田頭瑠都通信員)

連載・コラム
きょうのお天気