県政与党の赤嶺昇氏が30日の本会議で、野党自民党などの支持を受け新議長に選出された。多数議席を有する与党にとって想定外の展開で、与党内からは「裏切り行為だ」と赤嶺氏への批判が飛ぶ。一方、与党の戦略を覆し、4常任委員会中、三つの委員長ポストを得た自民は「県政奪還に向けた序章の幕開けだ」と息巻く。