共同通信 ニュース

野党、臨時国会の召集要求も検討 安住氏「開催否定は自殺行為」

2020年7月1日 12:44

 立憲民主党の安住淳国対委員長は1日、安倍政権が臨時国会の開催に消極的な態度を取り続けた場合、憲法53条に基づく召集要求の提出を検討する考えを示した。「あらゆる手段を駆使し、憲法にのっとった手続きも踏んで開会を求めていく。国会を開かないのは議院内閣制を否定する自殺行為だ」と国会内で記者団に語った。

 国会内で会談に臨む野党各党の国対委員長ら。中央は立憲民主党の安住国対委員長=1日午前

 来年の東京五輪に合わせて祝日を移動させる法整備や、税収減を穴埋めする補正予算を成立させるために臨時国会召集が必要だと指摘。「野党に追及されるからやらなくていいと言う人がいるなら、それは単なる無知だ」と批判した。(共同通信)

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気