新型コロナウイルスの影響で4月7日から臨時休業していた斎場御嶽(沖縄県南城市)など南城市の観光関連5施設が6月27日から営業を再開した。施設内には随所に消毒液が設置され、「3密」を避けるための対策を実施。管理する市観光協会職員は「予想以上の人出。万が一でも感染が発生しないよう努めたい」と語り、久々の来場者に笑みを浮かべた。

立ち入り制限された「三角岩」を背に記念撮影する斎場御嶽の来場者たち=6月27日、南城市知念

糸数アブチラガマの案内センター前に並べられた消毒液=6月27日、南城市玉城

立ち入り制限された「三角岩」を背に記念撮影する斎場御嶽の来場者たち=6月27日、南城市知念 糸数アブチラガマの案内センター前に並べられた消毒液=6月27日、南城市玉城

 市知念の斎場御嶽ではアルコール消毒液のほか、人が密集しやすい三角岩の前に木の柵が置かれ、その奥にある拝所の立ち入りを制限するなどして対策を講じた。来場者たちは「聖地」のシンボルである岩の前で足を止め、記念撮影を楽しんでいた。

 営業再開初日は、休業前の土、日の約半数となる約530人が来場。同協会の屋我英樹事務局長は「滑り出しとしては好調。来場者には楽しんでもらいながら感染防止策に協力していただきたい」と顔をほころばせた。

 兵庫県出身で沖縄在住約10年の仁科裕(ゆたか)さん(52)=糸満市=は「斎場御嶽」のリピーター。「三角岩の奥へ行けないのは少し残念だけど、この場にいるだけで沖縄の自然と文化が感じ取れる」と語り、目を閉じて深呼吸していた。

 また同協会が管理する市地域物産館、がんじゅう駅・南城、海の館・イノーも感染症対策をとって営業再開した。

 沖縄戦時下の壕の様子を伝える市玉城の「糸数アブチラガマ」の案内センターでは営業再開初日、事務所に問い合わせが相次いだ。

 同施設では新型コロナの影響による予約キャンセルが4、5月を中心に計565件あった。ただ、修学旅行など団体予約が9~11月にずれ込み、この3カ月間は例年より多くなる見込み。営業時間を延長して対応する日もある。

 施設前に消毒液を20本並べ、1回の案内人数を45人から20人に減らすなどの対策をとる。

 同施設の當山晃事務局長は「来訪者が待ち遠しい。ヘルメット消毒など、従来より作業が増えるがスタッフと共に頑張りたい」と語った。