那覇空港の愛称を「飛び安里空港」にすることを目指す「飛び安里研究会」の活動を補助する顧問会議が発足し、沖縄県南風原町津嘉山地域振興資料館で6月26日、第1回会合があった。

「飛び安里」の周知に向け活動内容を確認する研究会と顧問会議のメンバー=6月26日、南風原町津嘉山

 「飛び安里」は琉球王朝時代の18世紀後半に有人飛行に成功したと言われる人物。那覇空港の愛称制定を目指し「飛び安里」を町内外に周知していくため、研究会の広報活動などをサポートする顧問会議を設置することになった。

 識名盛保会長は就任した顧問らに「メンバーの知識や人脈を生かし、研究会の活動がさらに活発になるよう頑張ろう」と呼び掛けた。

 研究会の島袋宗一会長は「飛び安里はライト兄弟より1世紀も前に有人飛行に成功した。わが町にすごい人がいたということを町民みんなに知ってもらいたい」と話した。

 今後研究会では、毎月の定例会や紙芝居講演、学習会などを開催し、町民への認知度向上を図るという。