沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄と米国の市民連携 米議会動かす 辺野古新基地建設の軟弱地盤を懸念

2020年7月2日 13:00有料

[フォローアップ]米国2021年国防権限法案 【平安名純代・米国特約記者】米下院軍事委員会の即応力小委員会が作成した2021会計年度の国防権限法案に、名護市辺野古新基地建設に伴う軟弱地盤などへの具体的な懸念が初めて明記された。背景には、沖縄と米国の市民団体による米議会への地道な働き掛けがあった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気