沖縄防衛局は1日、ノグチゲラの営巣期間が終了したことを受け、東村高江周辺の米軍北部訓練場内にある道路の重機を使った改修工事を再開した。工期は7月末までで、ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設関連の工事はすべて終了する。現場では反対する市民らが抗議の声を上げた。