沖縄タイムス+プラス ニュース

「無理と言われてきた人生。当時の自分が聞いたら泣くと思う」 沖縄の長距離界をけん引してきた濱崎達規(マラソン)のコトバ

2020年7月3日 16:00有料

 冷たい雨が降る中、沖縄の長距離界をけん引してきた濱崎達規は、ひたすら前へ前へと脚を動かし続けた。 2019年3月3日、18年間の競技人生の集大成として臨んだ東京マラソン。 5度前後の気温で体はすっかり冷え切り、目がちらついた。前方を走る選手が何人もリタイアした。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索