京都大と理化学研究所のチームは3日、新型スーパーコンピューター「富岳」を使い、既にさまざまな病気の治療や診断に使われている約2千種類の薬の中から、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補となる数十種類を選び出したと発表した。うち12種類は海外で臨床試験が進行中で、他の候補も有望とみている。

 新型スーパーコンピューター「富岳」

 先代の「京」で1年以上かかる膨大な分子の動きの計算を10日で終了。世界ランク1位となった計算能力を生かした。

 臨床試験中の薬を含めて劇的な効果が期待できるわけではないとみており、奥野恭史京大教授は「複数の薬を組み合わせるなど、医師や製薬企業と使い方を協議する」と話した。(共同通信)