大弦小弦

[大弦小弦]スポーツにも「新様式」 楽しみ多様化

2020年7月4日 08:40

 乾いたミット音に、響く打球音。新型コロナウイルスの影響で延び延びとなっていたプロ野球の開幕から2週間がたった。味気ないと思っていた無観客試合の中継で、際立つ「音」に魅了されている

▼鳴り物の応援にかき消されていたベンチからの掛け声、全力投球やバットを振った後のうめき声。臨場感があり、どれも新鮮だ

▼プロ野球を皮切りに各スポーツも次々と再開する。それぞれで「新様式」を取り入れ、楽しみ方が多様化している

▼サッカーのJ1はきょう4日に再開する。変則日程による戦力と不公平を考慮し、J2創設以来、初めて降格がないシーズンとなる。交代枠も増え、より攻撃的なゲーム展開への期待がかかる

▼先月あった日本女子ゴルフツアーの開幕戦で注目を集めたのは、ユーチューブでの生放送。複数のチャンネルで第1組のスタートから最終組のホールアウトまでをライブ配信した。4日間の総視聴回数は677万回超に上り、新たな視聴方法として好評を得たようだ

▼夏の甲子園県大会に代わる高校野球の県夏季大会がきょう開幕する。いつもとは違う「最後の夏」ではどんなドラマが生まれるか。子どもたちの夢をつなごうと奔走した大人たちが準備した舞台。選手たちは3年間の努力の成果をぶつけ、大暴れしてほしい。高校野球ファンからの願いである。(石川亮太)

>>高校野球 そのほか写真を見る


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング