静岡大学の鈴木款(よしみ)教授、カサレト教授らの研究チームは28日までに、サンゴの白化現象は海水温の上昇だけでなく、高水温下で活発化するバクテリアが大きく影響していることを実験で明らかにした。