おきなわ子どもを守る会の長堂登志子代表らは6月29日、県教育庁を訪ね、子どもの権利条約を生かす学校と教育を求める要請書を提出した。 文部科学省が中止を決めた全国学力テストの県内独自の実施の中止、道徳の教科化の中止などを求めている。 同会が県内独自のテストの中止を求めるのは2回目。