【恩納】恩納村安富祖の遺体遺棄現場には19日も多くの人が足を運んだ。県民大会に行く人、行かない人、皆が手を合わせた。被害女性の出身地、名護市に住む比嘉聖子さん(70)は祈りをささげ、「苦しかったはずよ…」と目に涙をためた。「党は関係ない。