沖縄県浦添市西原地域では、コロナ禍の「やーぐまい」(家ごもり)に退屈した地域住民10人が、毎朝のラジオ体操を続けている。最初は自宅前で玉那覇和枝さん701人が始めたが、自然と近所の住民が集まり3カ月近くがたつ。