[もの言わぬ語り部たち 地域の戦争遺跡](10) 北谷町砂辺の砂辺区公民館近くにある「クマヤーガマ」は、1944年の10・10空襲を目撃した住民が逃げ込み、米軍が砂辺に上陸する直前の45年3月27日まで地域住民に利用された集団避難壕だ。 ガマ入り口の整備された階段を下りると、開けた空間が広がっている。