子育て世帯を応援しようと、支援団体「thanksmama(サンクスママ)」(元麻美代表)は5日、家庭で不要になった子育て用品を必要な家庭が受け取るおさがり交換会を沖縄県豊見城市豊崎の美らSUNビーチで開いた。

交換会には衣類やおもちゃが並び、多くの家族連れらが見入っていた=5日、豊見城市の美らSUNビーチ

 交換会には、不要になった衣類や絵本、ぬいぐるみなど約2千点が並んだ。参加者は無料で受け取ることができる。持ち寄るだけでも、持ち寄らずに受け取るだけでもいい。市内外から約100人が参加した。

 八重瀬町の神谷千恵美さん(34)はぬいぐるみやかばんを持ち寄り、三輪車などを受け取った。「持ち寄ったものを誰かが受け取っていたのを見てうれしくなった。無料で、生活にも役立ちます」と笑顔だった。

 山川仁市長もこの日、スケジュールを空けて参加。「参加者が多く、子育てへの思いを感じた。現場を見て、子どもの未来に向けた取り組みに力を入れたいと改めて思った」と話した。

 元代表によると、交換会は8月にも予定。開催場所は検討中という。

(写図説明)交換会には衣類やおもちゃが並び、多くの家族連れらが見入っていた=5日、豊見城市の美らSUNビーチ