母子家庭が困窮する要因の一つだと長く指摘されてきた問題である。不払いをなくすルールを確立し、子どもの貧困問題の解決につなげるべきだ。 政府の女性活躍に関する「重点方針2020」が決まり、離婚後の養育費不払いを解消するための法改正の検討が初めて明記された。