琉球漆芸の技術伝承や産業継続を支援する「りゅうぎん琉球漆芸技術伝承支援事業」(主催・琉球銀行)による2019年度の作品完成が6日、発表された。那覇市の琉球銀行本店で会見した川上康頭取は「漆芸の素晴らしさを知っていただき、発展への力になれれば琉銀にとっても喜びだ。長く支援していきたい」と意欲を語った。20年度も継続される。

「りゅうぎん琉球漆芸技術伝承支援事業」の成果を発表する(右から)當間正和浦添市教育長、糸数政次検討委員長、川上康琉球銀行頭取、武富和彦沖縄タイムス社長、宮島さおりアートリンク代表=6日、那覇市・琉球銀行本店

 第1回となる19年度は、5人の職人が浦添市指定文化財の「白檀塗楼閣山水箔絵湯庫(びゃくだんぬりろうかくさんすいはくえたーくー)」(浦添市美術館所蔵)を復刻し、「湯庫」をもとに現代的にデザインしたワインクーラーを製作した。9月23日から浦添市美術館で開催される「琉球漆芸の今」展で展示される。

 共催する沖縄タイムス社の武富和彦社長も「首里城の再建にも漆芸の技術は欠かせない。実りある成果に向け協力したい」と語った。協力は沖縄美ら島財団と浦添市美術館。

 琉球銀行創立70周年記念事業の一環として19年に始まった。技術の蓄積や現代のライフスタイルに合う商品開発、消費者に漆器の良さを理解してもらうことなどを目的としている。