沖縄タイムス+プラス ニュース

<辺野古協議>政府と県、あす作業部会 副知事ら出席

2016年8月30日 07:33

 【東京】政府と沖縄県は、名護市辺野古の新基地建設を巡る訴訟の和解条項に基づき「政府・沖縄県協議会」の下に設置した作業部会を31日に、首相官邸で開くことを決めた。政府側からは杉田和博官房副長官ら、県側からは安慶田光男副知事、謝花喜一郎知事公室長が参加する。

 訴訟の「和解勧告文」には、協議と訴訟を並行して進めるとある。作業部会での協議は、これまで和解条項が及ぶ範囲の確認にとどまっている。協議時間や内容の不十分さを訴えている県は、新基地建設について実質的な協議を促したい考え。国は7月に開いた前回の会合で提案した米軍キャンプ・シュワブ陸上部分の工事再開に向け改めて理解を求める。

 米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止などを協議する普天間飛行場負担軽減推進会議の作業部会も同日開催する。7月に約1年9カ月ぶりに開いた推進会議で、定期的に作業部会を持つことを確認していた。会議には宜野湾市の松川正則副市長も参加。今後の会議の進め方や米軍機の夜間訓練による騒音問題などについて協議するとみられる。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS