6日午後8時20分ごろ、沖縄県の久米島漁協所属の漁船船長の男性(62)=久米島町=が漁に出たまま戻ってこないと、那覇海上保安部に通報があった。那覇海保によると7日午前9時半すぎ、久米島北端から北北東約20キロ沖の海上で漂流している漁船が見つかったが、男性の姿は無かった。引き続き捜索を続けている。

 男性は6日午前、1人で仲里漁港を出港していた。