那覇市立石嶺中学校の1年生は3日、「総合的な学習の時間」で車いすに乗ったり、視覚障がい者が使う白杖(はくじょう)を頼りに階段を上り下りしたりする体験学習を同校で行った。医師による認知症サポーター養成講座も開かれ、障がいや認知症について理解を深めた。