沖縄県は、豚熱(CSF)の感染拡大防止のため、3月初旬から5月下旬にかけて、沖縄本島内で飼養されている豚を対象に、ワクチン接種の手数料を全額免除し、全頭接種を実施した。だが、全頭接種終了後に生まれた子豚や、種豚の2回目以降の接種は、基本的に農家の全額負担となる。