沖縄県内の豚熱(CSF)発生について国は、ウイルスが混入した非加熱の食品残さを餌として与えていたため感染した可能性が高いとの見解を示している。県は畜産関係団体などを対象に食品残さの加熱方法などを盛り込んだ飼養衛生管理基準の順守を呼び掛けていたが、防げなかった。