1月8日に沖縄県内で33年ぶりに豚熱(CSF)が発生してから、8日で半年になる。豚熱が発生した計10農場で計1万2381頭の豚が殺処分された。