虐待や困窮、精神疾患などの理由から家庭で養護が困難な高齢者を市町村が受け入れる「養護老人ホーム」の定員に対する入所者数の割合(入所率)が、沖縄は56・4%で全国最低であることが7日、全国老人福祉施設協議会の47都道府県調査で分かった。全国平均(89・9%)を33・5ポイント下回った。