3歳の娘を1週間ほど自宅に放置し衰弱死させたとして、警視庁捜査1課は7日、保護責任者遺棄致死の疑いで東京都大田区、飲食店店員梯沙希容疑者(24)を逮捕した。司法解剖の結果、死因は高度脱水症状と飢餓。容疑を認めており、日常的に育児を放棄し、虐待した疑いもあるとみて調べる。