【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比396・85ドル安の2万5890・18ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は89・76ポイント安の1万0343・89と反落した。

 ニューヨーク証券取引所のトレーダー(AP=共同)

 米国で新型コロナウイルスの感染者の増加が高水準で続いていることが懸念された。ユナイテッド航空ホールディングスの予約数が振るわないと伝わったことも一因。

 7日のニューヨーク金先物相場は取引の中心となる8月渡しが前日比16・40ドル高の1オンス=1809・90ドルで取引を終えた。約8年10カ月ぶりの高値水準。(共同通信)