東京地検特捜部は8日、公選法違反(買収)の罪で河井克行前法相(57)と妻の案里参院議員(46)を起訴した。一方で現金を受け取った地元議員らの刑事処分は見送り。従来の捜査実務と異なる対応に、法律に基づかない「司法取引」との批判も出ている。