沖縄タイムス+プラス ニュース

新たな感染者2人、空港スルー 沖縄到着時に感知できず コロナ水際対策に限界

2020年7月9日 09:29有料

 沖縄県は那覇空港内にサーモグラフィー機器を設置して発熱者を割り出しているが、8日の新たな感染者2人はそれぞれ検査を通過。水際対策の限界が浮き彫りになった。 40代男性は、那覇空港に到着した7月1日時点で発熱しておらず、搭乗口に設置したサーモグラフィー検査で感染の端緒はつかめなかった。

連載・コラム
記事を検索