大王製紙の佐光正義社長らは8日、那覇市沖縄タイムス社を訪ね、県内の子どもの貧困問題解決に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に寄付し、目録を手渡した。

沖縄タイムスの武富和彦社長(右)に目録を手渡す大王製紙の佐光正義社長=8日、那覇市・沖縄タイムス社

 大王製紙のエリエール商品の県内での売り上げの一部から充てた。佐光社長は「このプロジェクトの話を聞き、感動した。(支援を受けた)子どもたちの手紙にも目を通した」と話し、取り組みを評価した。

 その上で「沖縄の貧困家庭は多い。当社の本社は沖縄県外にあるが、未来を託す沖縄の子どもたちに当社としても少しでも役立ちたい」と思いを語った。