沖縄署は8日、自宅で乾燥大麻を所持したとして沖縄市の建設作業員(22)を大麻取締法違反(所持)=同罪で起訴済み=の疑いで現行犯逮捕したと発表した。逮捕は6月13日付。また、自宅で大麻草1本を栽培したとして同法違反(栽培)容疑で8日付で追送致した。

(資料写真)パトカー

 容疑は6月13日午前2時45分ごろ、沖縄市の自宅で乾燥大麻4・6グラムを所持したほか、大麻の苗1本を室内で栽培した疑い。署は入手先などを調べている。