地域資源を活用した製品の企画・開発に取り組むフードリボン(大宜味村、宇田悦子社長)はパイナップルの葉の糸や反物、衣料などの繊維製品を製造する事業に乗り出す。これまで廃棄されていた葉を資源化することで化学繊維の使用減少など環境負荷の軽減につなげる。

パイナップルの葉が使われた製品の見本として反物やストロー、靴、シャツなどの衣類をPRするフードリボンの宇田悦子社長(左から3人目)ら=9日、県庁

 パイナップルの生産量が多い中国や台湾で原料を調達し、製造までする。製造に向けて9日、台湾産業用紡織品協会(台湾紡績協会)、大宜味村との3者でMOU(覚書)を締結した。

 中国と台湾に子会社をそれぞれ年内に設立して、現地企業に製造を委託する。国連のSDGs(持続可能な開発目標)への関心が高まる中、環境保護につながる自社ブランド「KISEKI LABEL(キセキレーベル)」に位置付け、衣料メーカーにパイナップル繊維の糸や反物を販売するほか、自社企画の衣料品を開発して収益を得る。

 また、繊維を取り出した後の残さから極細のセルロースを抽出し、生分解性プラスチックに配合してストローも製造する。プラスチック製品の削減に取り組んでいる中国で販売していく。宇田社長は「天然繊維100%で環境に配慮した製品としてブランディングしていきたい」と抱負を述べた。

(写図説明)パイナップルの葉が使われた製品の見本として反物やストロー、靴、シャツなどの衣類をPRするフードリボンの宇田悦子社長(左から3人目)ら=9日、県庁