沖縄タイムス+プラス ニュース

「米軍はコロナ感染者数の開示を」 沖縄県議会が全会一致で可決

2020年7月10日 20:06

 在沖米軍で新型コロナウイルスの感染者が相次いでいることを受け、沖縄県議会は10日の6月定例会の本会議で、在沖米軍に感染防止対策の徹底と感染者数などの情報開示を求める意見書と決議を全会一致で可決した。

(資料写真)沖縄県議会

 意見書、決議では、在沖米海兵隊が感染症対策として異動者を北谷町内のホテルで隔離していることや報道機関へ新たな感染情報を公表しないと発表したことに言及。①県民の不安解消のため感染者の基地内隔離と外出禁止の徹底②米軍関係者の感染者数や行動履歴など具体的な情報の開示③日米地位協定を改定し検疫法などの国内法を適用すること―を求めた。

 意見書は内閣総理大臣、外務、防衛、沖縄担当の各相。決議は駐日米国大使館や在日米軍司令官など。


もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間