かつては人間も生態系の一角を占め、食べるものの全てを野生環境から調達し、時に他の生き物の糧にもなった。文明が勃興し、食べるものを自分たちで育成するようになり、気象変動や狩猟採集の出来不出来に左右されずに、食料を安定的に入手できるよう、飼育栽培の割合を増やし続けてきた。