▽山内マリコ著「メガネと放蕩娘(ほうとうむすめ)」 かつてはにぎわいを見せた商店街にある書店を実家に持つ、市役所職員の「タカちゃん」。10年前に家出した妹のショーコはある日、妊娠して帰ってくるが、寂れた商店街を目にして衝撃を受ける。