沖縄県名護市の数久田区にある轟の滝公園事務所前に1日から七夕のササ竹が設置され、7日までに約60人が願いを込めて短冊をつるした=写真。「今日買ったロト6が1等になりますように」「好きな人と結ばれますように」「家族みんなが健康でありますように」などとしたためられていた。

満面の笑顔で短冊に願いを込めた浦添市宮城婦人会=7日、名護市数久田・轟の滝公園

 浦添市宮城婦人会の比嘉朝子さん(66)は「50年ぶりに滝を見に来た。爽やかになった」と笑顔。松本キミ子さん(72)は「短冊に願いを込めるのは、この歳になって健康しかないですな」と話した。

 婦人会に頼まれてマイクロバスのドライバーを務めた比嘉信一さん(67)は「1泊2日の研修で古宇利島や瀬底島を巡った。みんなが楽しく幸せになれば上等」と話した。

 公園事務所では今月いっぱいササ竹を設置、希望者には事務所で短冊をプレゼントする。問い合わせは同公園事務所、電話0980(43)9299。(玉城学通信員)