沖縄タイムス+プラス ニュース

在日米海兵隊、警戒レベル引き上げ 5段階中2番目に 基地外での外食制限

2020年7月11日 07:16

 在日米海兵隊は10日、沖縄の基地内で新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、警戒レベルを5段階のうち2番目に厳しいC(チャーリー)に引き上げた。基地外での活動がより制限される。

 タクシーやバスなどの公共交通は利用できない。基地外での外食はできないが、持ち帰りかドライブスルーは可能。基本的な生活に必要な食料品店や郵便局、銀行などの施設には行くことができる。在日米海兵隊に所属するすべての軍人、家族、軍属、請負業者などに適用される。

 警戒レベルは6月17日に3番目のB(ブラボー)に引き下げられ、公共交通の利用や、基地外での食事、ホテルでの宿泊などが可能になっていた。


もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間