沖縄県の糸満市内の中学校で8日に提供された給食に、直径約1・4センチ、幅約1センチの金属片が混入していたことが分かった。糸満市教育委員会が10日、発表した。給食を配膳された男子生徒が食べる前に気付いたため健康被害はなかった。

給食から見つかった金属片(糸満市教育委員会提供)

 市教委によると、金属片は「E型スナップリング」と呼ばれる機械整備や部品の固定に使われるもの。同日の献立にあった煮物「ヌンクーグヮー」の中に入っており、発見時には、糸くずのようなものが巻き付いていたという。

 給食センター内の器具や備品を調査し、機器の管理業者に確認したが、施設内ではこの金属片は使われておらず、混入経緯は分かっていない。市教委は「引き続き原因究明を図り、確認作業の見直しなど再発防止を徹底する」としている。