沖縄タイムス+プラス ニュース

FC琉球、徳島に1―3 観客1355人、今季初の入場

2020年7月11日 20:37

 サッカーJ2第4節が11日、各地で行われ、FC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦し、1―3で敗れた。通算成績は1分け3敗。この試合から観客の入場が一部解禁され、スタジアムには熱心なサポーターら1355人が駆け付けたが今季初勝利を飾れなかった。

FC琉球-徳島ヴォルティス 後半、ゴール前で競り合う琉球と徳島の選手=11日午後、沖縄市・タピック県総ひやごんスタジアム

 琉球は前半22分、選手に当たってコースが変わる不運なゴールで先制点を奪われた。だが後半5分、MF小泉佳穂が相手DFの裏に出した浮き球をFW阿部拓馬が右足で巧みに合わせて同点に追い付いた。

 22分にはMFの田中恵太と富所悠、FW上原慎也の3人を投入し攻撃の姿勢を強めたが、31分と36分に続けて失点を許して敗れた。

 次節は15日午後7時から、タピック県総ひやごんスタジアムでV・ファーレン長崎とぶつかる。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間