沖縄県の沖縄こどもの国は6日、園内で5~6月に生まれた赤ちゃんヤクシマザル3匹の名前を、フェイスブックのライブ配信で発表した。SNSなどで集まった投票総数817票の中から、「とんぐ」(雄)「ひろし」(雄)「みずな」(雌)が選ばれた。飼育員は「ぜひ3匹の成長を見守って」とPRしている。

赤ちゃんヤクシマザル3匹の名前を発表する沖縄こどもの国職員ら=6日、沖縄市胡屋・同園

母親のちひろ(右)から生まれた赤ちゃんヤクシマザルの「ひろし」

赤ちゃんヤクシマザル3匹の名前を発表する沖縄こどもの国職員ら=6日、沖縄市胡屋・同園 母親のちひろ(右)から生まれた赤ちゃんヤクシマザルの「ひろし」

 とんぐは5月4日に「おたま」から、ひろしは5月7日に「ちひろ」から、みずなは6月7日に「たまこ」からそれぞれ生まれた。

 投票は、事前に飼育員3人が考案した案から三つずつ選ぶ形式で実施。園内で714票、SNSで103票がそれぞれ集まった。

 飼育員の中村智映さん(40)は「引っ込み思案な母ザルもいれば、活発な母ザルもいる。子どもたちもお母さんに似てくるはず。親子の仲むつまじい姿を見に来てほしい」と笑顔で話した。