沖縄タイムス+プラス ニュース

琉球、ホームに1355人/J2 今季初の観客試合沸く

2020年7月12日 08:20

 サッカーJ2のFC琉球は11日、タピック県総ひやごんスタジアムで徳島ヴォルティス戦が行われ、今季初めてスタンドに観客が入り、観戦した。1355人が入場し、新型コロナウイルス感染防止のため応援歌や指笛などは禁じられる中、琉球の好プレーなどに大きな拍手を送った。(19・26面に関連)

1355人が観戦する中、徳島ゴール前で競り合う李栄直(左端)らFC琉球イレブン=11日、沖縄市・タピック県総ひやごんスタジアム(国吉聡志撮影)

 Jリーグの規定で座席は間隔が空けられ、張られたQRコードで来場者の情報を入力する新たな措置も取られた。

 会場には応援歌など録音された音声が流され、中盤を過ぎて白熱してくるとプレーごとの拍手も大きくなった。試合は琉球が徳島に1-3で敗れ、今季初勝利を飾れなかったが終了後、ピッチを後にする選手に温かい拍手で激励した。

(写図説明)1355人が観戦する中、徳島ゴール前で競り合う李栄直(左端)らFC琉球イレブン=11日、沖縄市・タピック県総ひやごんスタジアム(国吉聡志撮影)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間