沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で団体旅行中だった 埼玉の男性2人、新たにコロナ感染判明

2020年7月12日 05:53

 沖縄県は11日、32人の行政検査を行い、新たに埼玉県在住の10代と20代の会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は4日連続で、累計患者数は148人となった。いずれも10日に陽性を確認した30代男性の濃厚接触者。県によると約20人の団体旅行で来県したが、ほかは陰性だった。

10代男性と20代男性の足取り

 10日に感染が確認された30代男性は埼玉県在住で、新たに感染した2人は会社関係者とみられている。9日に来県し行動を共にしたといい、県は引き続き行動履歴や濃厚接触者を確認するとしている。

 県内ではこれまで、8日に中部保健所管内で福岡県に渡航歴のある40代男性と、鹿児島県に渡航歴のある石垣市内の50代女性の感染を確認。9日は東京から観光で訪れた20代女性の感染が明らかになっていた。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気