[戦世生きて くらしの記録](40)国頭村出身 宮城清助さん(下) 1945年3月初旬。当時17歳だった国頭村出身の宮城清助さん(92)=那覇市=は、胸の高鳴りを抑えきれずにいた。カーキ色の軍服や軍帽、軍靴に身を包んだ少年らが集った恩納村の安富祖国民学校(当時)。「お国のため。