沖縄県の石垣市教育委員会は12日、学校給食に金属片が混入する事案が2件あったと発表した。市内の小学校でパン1個の表面の皮に約6ミリのアルミ片が付着していたほか、中学校では1クラスの米飯に約3ミリのアルミ片2個が混入していた。いずれも児童生徒が未然に気付き、健康被害はない。市教委の天久朝市教育部長と製造業者が市内で記者会見し、謝罪するとともに再発防止に全力を挙げる考えを示した。

学校給食への異物混入を公表し、謝罪する市教育委員会と製造業者ら=12日、石垣市教育委員会

 パンはオキコが製造し、ことし5月28日に提供した。同社はその日のうちに原因を特定。パンを焼く時に載せる天板の使用後、洗浄する際に金属ヘラで削られたものとした。同社石垣事業所の金城武広部所長は金属ヘラの使用禁止などの改善策を説明した。

 米飯は7月10日に提供し、製造業者がその日のうちに設備の溶接片が原因と特定した。宮良里伺代表は「金属疲労が見られる。設備の更新を含めて対応を検討したい」と話した。

 市教委は「業者との調整に時間がかかった」と公表の遅れを釈明。その上で業者と連携して対策に取り組むと強調した。