沖縄タイムス+プラス プレミアム

コロナで基地を「ロックダウン」の意味は? 米軍と沖縄県で異なる解釈 Yナンバー車の出入り続く 

2020年7月14日 14:00有料

 【東京】在沖米軍基地での新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、宜野湾市の普天間飛行場と本島北部のキャンプ・ハンセンが「ロックダウン」された。「都市封鎖」の意味で用いられることが多いロックダウンだが、明確な定義はなく、県と米軍の解釈に差が生じている。


もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間