琉球ガラス村を運営するRGC(沖縄県糸満市、稲嶺佳乃社長)は仏壇・仏具販売大手のはせがわ(東京都)に、琉球ガラスの位牌(いはい)やミニ骨つぼの卸し事業を始めた。新型コロナウイルスの影響で観光客向けの販売が落ち込む中、日常使いができる製品の新たな需要を開拓するのが狙い。